メインコンテンツ
SAT MAGAZINE Editor's Blog

2015年7月31日

好評発売中

SAT09G_p034-037-1.jpg
今週は発売週でした。皆さん、ご覧いただけましたか?
AAV7の海上航行には、多くのご感想をいただきました。
さて、このページは表紙になった第1偵察隊です。
新しい個人装備を身につけているのにご注目ください。


当ブログで数回に亘り取次の民事再生について書きました。
弊社としては、配本に信用と信頼が損なわれたとことを遺憾とし、
回復するのでは、配本を調整することにしました。
よって一部の書店では手に入りにくい場合があります。
その場合には、他の書店でお求めいただくか、SAT通販をご利用ください。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ
携帯の方はこちら→人気ブログランキング

2015年7月23日

配本日

DSC_0043GHT.JPG
新刊が印刷所から刷られて編集部に入ってきました。
これから通信販売や直売へと振り分けます。
皆さんにもあともう少しでお届けできます。
ご期待ください。


DSC_0041DSE.JPG
今朝の話ですが、我が家の庭に珍客が!?
そう、ノコギリクワガタです。
夏ですね...。


人気ブログランキングへ
携帯の方はこちら→人気ブログランキング

2015年7月21日

表紙、HP更新

SAT09_HYOU1.jpg
連休はいかがでしたか?
こちらは先週末に校了しており、この連休はゆっくりさせていただきました。
その間に仕事の一つであったHP更新がストップする事態に...。
よって、ブログ特典の表紙公開もその影響で遅くなってしまいました。
大変申し訳ございません。
もう既にHPは新しくなっておりますのでご安心を。
表紙は今回も陸自になりました。前回も陸自でしたが本当に偶然です。
何も安保関連法改正案だからというワケではありません。
新しい個人装備を見ていただきたいと思います。
9月号は27日(月)です。よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ
携帯の方はこちら→人気ブログランキング

2015年7月14日

みたままつり

0039fghtyuuu.JPG
皆さんもご存じと思いますが、今年の靖國神社のみたままつりには露店が出ません。
そこで早速、たみたままつりに行ってきました。
写真のとおりガラガラです。
賛否あると思いますが、個人的には、この方が趣があるのでは?
お参りする人はいつも通りお参りすることでしょう...。


004asdfg2.JPG
今年は小林源文先生の懸雪洞(提灯)もあります。
ごゆっくりご鑑賞ください。

人気ブログランキングへ
携帯の方はこちら→人気ブログランキング

2015年7月10日

苦渋の選択...

(画像はありません)

取次の民事再生では、各出版社も動揺が隠せないようで、
今週に取次周りした際にも、多くの方からご相談を受けました。
そして弊誌としては、民事再生した取次には納品を中止することに決定しました。
それによって、書店・読者の方々に多大なるご迷惑をお掛けすることになります。
大変申し訳ございません。
条件が合意しましたら、納品の再開を行う予定です。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。


※先日のビクトリーはありがとうございました。
商品が会場に届かないという物流トラブルがございまして、早めに閉店させていただきました。

人気ブログランキングへ
携帯の方はこちら→人気ブログランキング

2015年7月 6日

債権者会議

DSC_0042FGHS.JPG
前回のブログにて皆さまから多くのお言葉をいただきました。
そして本日、債権者会議に出席。
質疑応答では怒号が響きました。
それが返品問題です。
債権回収が困難なのは理解していますが、
明細不明の返品までもが他の取次から請求されるのは「債権の二重負担」ではないかというもの。
先日も報道出版の自由を弾圧した問題が取り上げられたばかりでしが、
報道出版のまとめ役といえる機関がこれでは、言われても仕方ないと思ってしまいました。
悲しい一日でした。

人気ブログランキングへ
携帯の方はこちら→人気ブログランキング

2015年7月 1日

ビクトリーショー

002GHYT.jpg
5日はビクトリーショーです。
もう、77回だそうです......。スゴイですね!
今回も出展の予定です。
皆さんのご来場お待ちしております。
よろしくお願いいたします。


さて、ご存知かと思いますが、取次の一社が民事再生との事。
毎回、伺っていたのですが、とても残念です。
これを機にさらに出版界に悪影響がないことを祈るばかりです。
どうして出版不況に陥ったのかもう一度考え直す機会ではないでしょうか?
決して電子書籍やアマゾンが大きな要因とは思えません。
何も対策をしなかった取次も問題ですが、
出版社側の、乱発・パクリ記事などの質の低下も大きな要因です。
と、いう私も「己の頭の蠅を追え」ですかね!?

人気ブログランキングへ
携帯の方はこちら→人気ブログランキング